まれにいいこと ~Yotoro's life in Canada

小さないいことを探しながら、カナダでなんとか暮らしています。

勝手にカルシウム 材料4つ!メープル煮干し

こんにちは、Yotoroです。

はじめに、昨日は、シビアな内容の投稿にも関わらず、たくさんの方にお読みいただき、また、メッセージやはてなスターもいただきました。皆さんの温かい心を感じ、嬉しく思いました。本当にありがとうございます!!!

 

さて、今日はまた、我が家の長男の話になります。

長男は複数の食物アレルギーがあり、カルシウム摂取には特に気を遣っています。  

yotoro.hatenablog.com 

乳製品の代替品としてすすめられる大豆製品ですが、少し苦手。

ナッツ類もアレルギーがあってとることができない。

魚類は苦手。

でも彼には、「大谷翔平くんのような野球選手になる!!!」という壮大すぎる夢があるので、

「食トレ!」と言いながら(というか、私に言われながら)、

大豆製品も魚も野菜も、頑張って、食べるは食べます。

でも苦手なので、さすがに量は食べられないのです。

 

数年前のお正月、こちらで田作りをいただく機会に恵まれました。

長男は、もう見ただけで拒絶。

しかし、魚好きの次男と「食トレ!」指令に励まされつつ、一口…

「えぇぇ~、コレ、おいしいかも♡」

それ以降、田作りは息子のカルシウム源として大活躍。

家で作れば、無添加で、糖分も調整できるのがうれしいですよね。

 

作って、机の上に置いておくと、いつの間にかなくなっています。

コレ、実は夫のアイディアで、四六時中、「おなかすいたー。おやつー!」と言っている

子どもたちに少しでも健康的なものを食べてほしい。

でも、あからさまに健康的なおやつを提案すると、「えー、嫌~。他のは?」となるので、

 

野菜スティックや果物など、食べて欲しいものをテーブルに置いておく

→ 知らないうちに食べている

→ 小腹がすかないので、「おやつ、おやつ~!」と騒がない

→ 気付いたらご飯の時間になっている

というトリックです(σ゚∀゚)σ

 

勝手にカルシウム 材料4つ!メイプル煮干し 

ーーー 材 料 ーーー

・煮干し           120g

・ごま               大さじ1

メープルシロップ    大さじ4

・しょうゆ        大さじ2

 

ーーー つくり方 ーーー

① 煮干しをフライパンでから炒りする。

f:id:Yotoro:20190217091432j:plain 本日使用した煮干し(120g)です。

f:id:Yotoro:20190217091433j:plain 本日のアシスタントは次男デス!


② 煮干しがこんがり焼けてきたら、ごまを入れて、さらにから炒りする。

f:id:Yotoro:20190217091612j:plain 魚の匂いがかなり出るので、お部屋の換気をしっかりとー!


③ 火からおろして、しょうゆとメープルシロップをからめる。

f:id:Yotoro:20190217091746j:plain メープルシロップが焦げやすいので、必ず火からおろして、タレを絡めてください。

 

④ フライパンをコンロに戻し、余熱、または弱火で、タレがなくなるまで炒める。

 

出来上がり!

     f:id:Yotoro:20190217092018j:plain

そして、これをテーブルの上に放置!

勝手にカルシウムをとってもらいましょう~(* ´艸`)

長男よ、大谷翔平くん、めざして頑張れ~~!!!

どうしても許せないこと

カナダに住んで11年になりますが、カナダの政治や社会に特段明るいわけではないので、ブログで政治的な発言をしたり、社会を批判したりといったことはしないようにしようと思っていました。

ましてやカナダは、20%超が移民で構成される多民族国家

「カナダ人は...」とひとまとめにして論ずるのは、フェアではない気がします。

 

先週木曜日にとても悲しい事件があり、その件を発端にいろいろな論争がなされています。

そのことについて書こうか書くまいか、2日間悩み、やはり書きたいという気持ちになりました。

ただ、個人的には、こういった発言は控えたいという思いもやはりあり、今後この投稿に関しては、削除することもあるかと思いますので、ご了承ください。

 

カナダには、アンバーアラート(Amber Alert)というシステムが存在します。

アンバーアラートとは、未成年児童の誘拐事件や行方不明事件があった際、マスメディアを介して、また近隣住民に即座に知らせるための、緊急警報システムのことです。

私たち住民には、携帯電話に、けたたましい着信音とともに、テキストメッセージの形で情報が入ってきます。

 

2月14日(木)深夜23時半過ぎ、それが鳴りました。

「11歳の女の子が行方不明になっていること。

41歳の容疑者(別居中の彼女の父親でした)がおり、

車の特徴とナンバーが記され、見つけた人は速やかに

警察911に電話するように」とありました。

そこから翌日15日(金)深夜0:21、「女の子が発見された(亡くなっていました)」という情報まで、計3回のアンバーアラートを受け取りました。

事件の詳細は記しませんが、別居中の父親に誕生日を祝ってもらっていた女の子が、予定時刻になっても帰宅せず、さらには父親から母親あてに不審なメールが届いたため、娘の身を案じた母親が通報。

本当に残念なことに、11歳の女の子は父親の自宅で亡くなっているところを警察に発見され、父親は現場から約130キロ離れたところで逮捕されました。

 

この事件において、アンバーアラートが鳴った23:36から、1時間以内に、実に124件(午前9時までには計383件)の入電が警察にあり、そのほとんどが、睡眠を妨げられたことに対する苦情だったそうです。

また、ソーシャルメディアなどを使って、そうした不満を呈した人も多く、

「眠りを妨げられた!!」

「なんで警察のために働かなきゃならないんだ!」

「俺が住んでるところは現場から遠すぎるだろ?!」

等々、コメントがあったようです。

母親が通報したのが、夜19時頃。警察は22:30頃、警察のソーシャルメディアを通じて呼びかけをし、23:30すぎにアンバーアラートを発信しました。

「(こんな寝ている時間ではなく)もっと早く発信すればよかったのに」という指摘もあったそうです。

ただ現状、様々な手続きや段階を踏まないといけないらしく、そう即座に使えるようなものでもないとのこと。

 

私は、カナダ以外の国にも住んでいた経験があり、どこの国でも、「私たち日本人は、もっと思ったことを率直に言うべきだなぁ」と思うことが、多々ありました。

 

「目は口ほどに物を言う」とか「以心伝心」とかいう日本人の美徳は、一旦外に出てみれば、明確な自己主張なしには、不審に思われたり、辛い目にあうことも多いものです。

 

はっきりとモノを言う人たちと付き合うというのは、それがいつまでたってもできない私からしてみれば、羨ましくもあり、もちろん時に傷つくこともあります。

ふつふつと内に秘めた負の感情を引きずっていないらしい彼らの生き方を見るにつけ、「はっきりとモノを言う」というのは、精神衛生上良いことらしい、とも思うわけです。

 

ただ、やはり、「発言する自由というのは、発言に対する責任も伴う」ものだと思います。

考えたこと、思ったことを、すぐ口にするというのが習慣になっているという人も多いのでしょう。

考えることは自由だし、誰かがその考えを変えられることも少ないのだろうと思います。

ただ、そうした個人の考えや思いを公にすることに関しては、最低限の常識と、他者に対する思いやりを忘れないでいただきたい。

 

アンバーアラートに関しては、これからも議論がなされていくでしょうが、これがあったおかげで助かった命もあるわけです。

子どもに言い聞かせるようなことを書くようで気が引けますが、「他者の気持ちや立場を、自分の身におきかえて考えてみなさい」と言いたいのです。

家飲みコーヒー④ シナモンスパイスコーヒー ~母、4連休をたたかう~

今日は子どもたちの休校日、土日、来週月曜は、家族の日(Family day)という祝日...

つまり、子どもたちは4連休です。

長期化した風邪から、やっと立ち直りつつある、パワー持て余し気味のBoys相手に、

ゆっくりブログに向かう時間もなさそう。

はぁ、子どもたちがFortniteをしている間に、コーヒーでも入れましょう...

ちなみに今、カナダの子どもたちの間ではFortniteが大流行中なのですが、日本もそうなのかな?

 

あぁぁぁ、それにしても、この4日間で一気に老けそう!!!!!

気力も体力も持つ自信がない。

アンチエイジングしないと、すぐにあちこちに表れてしまいそう...

......シナモンだわね?!?!

シナモンは、アンチエイジングの代表的なスパイス。

血行をよくするので、美肌、ダイエット、ストレス解消にも効果あり。

そして、抗菌・殺菌作用もあるので、免疫力もアップ!

母が病気すると大変ですからね。

 

さて、カフェに行くと、シナモンパウダーやココアパウダーなどが置いてありますよね。

私もよく使います。

でも、そうしたパウダーが、うまくコーヒーに馴染まない時ってないですか?

今日は、お家で楽しむ、おいしいシナモンスパイスコーヒーをご紹介します。

(家飲みコーヒーシリーズの過去記事は、下に添付しました!)

㊟ 日本では、妊娠中の方のシナモン摂取は、控えるように指導されているとか??

  (カナダでは言われたことはないのですが)妊娠中の方、体調(特に肝臓)不安のある方は、ご注意を!

 

母のアンチエイジング シナモンスパイスコーヒー 

ーーー 材 料 ーーー

マグカップ1杯分

・コーヒー豆(粉)    10~15g

     ...豆の種類と好みで調節してください。

・水        200g(200ml)

・シナモンパウダー 小さじ1/3~1/2

・黒砂糖        小さじ2

 

※私はシナモンが大好きなので、もう少し多く入れるのですが、シナモンの取りすぎは、

 肝機能障害を起こす可能性があるとのこと。

 1日の許容摂取量、シナモンの種類にもよりますが、日本ではカシアというシナモンが多いとのことで、

 摂取量に注意が必要なシナモンのようです。

 カシアの場合、1日の摂取量は0.6g(小さじ1/3~1/2程度)のようです。

 前述しましたが、妊娠中の方、体調(特に肝臓)不安のある方は摂取をお控えください。

ーーー つくり方 ーーー

① コーヒー豆を挽き、粉をフィルターにセットします。

    f:id:Yotoro:20190216072110j:plain

 

② ①にシナモンと、黒砂糖を入れて、混ぜ合わせます。

f:id:Yotoro:20190216072138j:plain → f:id:Yotoro:20190216072202j:plain

 

③ ②と水をセットし、コーヒーを入れます。

   f:id:Yotoro:20190216072331j:plain

...はぁぁ、いい匂いに癒されます~~~♬
 

できあがり!   

  f:id:Yotoro:20190216072454j:plain

ちなみに、「砂糖までフィルターに一緒にセットしてしまう」というのは、前に英語のレシピサイトで見て、

「面白そうだな」と思ってやってみたのです。

改めてその理由をネットで調べてみましたが...載っていませんでした(笑)うーん、なんでだろ?

それでは皆さん、Have a wonderful weekend!!!

yotoro.hatenablog.com

yotoro.hatenablog.com 

yotoro.hatenablog.com

子どものミステリーデビュー

雪景色のカナダです。

   f:id:Yotoro:20190214230254j:plain

我が家の息子たちは相変わらずの体調不良ですが、今日はバレンタインデーのために!学校に行きました。

カナダの子どもたちにとって、バレンタインデーは楽しみにしている学校行事の日のひとつ。

今年も学校帰りに、たくさんのカードとプレゼントを持ち帰ってきましたよ。

※カナダのバレンタイン事情について、詳しくはこちら 

yotoro.hatenablog.com

そして、私は夫からこんなものをいただきました♡

     f:id:Yotoro:20190215114011j:plain

(アレルギっ子の長男も食べられる、主要食物アレルゲン無しのレモン&ラズベリーケーキです。)

え?...私からは?(今年も)何もしませんでした(;'∀')

子どもたちは明日から4連休。一緒に何か作ろうと思います!

うん、それでいいよね?!そうしよう~!!! →学習能力のない、毎年のパターン...

 

さて、話は変わりまして、私はイヤミス小説が大好きなのですが、果たして何歳ころから、

ミステリー小説を読み始めたのか考えてみました。

私のミステリー好きは、小学校低学年、赤川次郎さんから始まりました。

近所の憧れの読書好きお姉さんが、赤川次郎さんの本を読んでいたからです。

私の読書環境に関する過去記事です yotoro.hatenablog.com

この限られた日本語本の環境の中で、相変わらず読み聞かせ、頑張っています。

「読まれるものをただ聞くだけでなく、すすんで考えながら聞く力を付けさせたい。」

これは私が読み聞かせの時に一番重視していることです。

「あれ?〇〇くんは、どうしてこんな顔してると思う?」

「△△ちゃんは、本当はどうしたかったのかな?」のように、

読み聞かせの時に、質問しながら読むようにしています。

ところが、

ミステリー小説では、そういう問いをされなくても、自ずと考えてしまっている

と思うのです。

子どもの想像力を促すために、

そして、「ページをめくる手が止まらない」ミステリーの楽しさを教えたい。

......自分がミステリー好きなので、ついつい力説してしまいました。

そんなわけで、今日は、私の子ども向けミステリー小説のススメです。

 

ここはカナダ。少ない選択肢の日本語本の中、いろいろ試しました。

多くのミステリー本、幼い息子たち(当時7才&5才)には、展開が理解できず、聞くことをやめてしまうこともしばしば。

また、英語を第一言語とする息子たちにとっては、難解な言葉も多く、読み手の私も、いちいち読み聞かせを中断して、言葉の説明をしなければなりませんでした。

そんな中、すんなり息子たちに受け入れられた、奇跡の1冊がコレでした。

f:id:Yotoro:20190214233519j:plain

『かえってきた名探偵』杉山亮作

家庭の(笑える!)事情により、普段は保育園で働くミルキー杉山が、探偵となって数々の珍事件を解決していく物語。

ご存知の方も多いと思いますが、これは「ミルキー杉山のあなたも名探偵シリーズ」の中の1冊です。

カナダにはこの1冊しか図書館になかったのですが、子どもたちがすっかりはまってしまい、

日本に帰国した際、この「ミルキー杉山のあなたも名探偵シリーズ」、ほぼ読みました。
(個人的には、この『かえってきた名探偵』が一番好きでした。)

 

1冊に何話かの事件が収録されており(ミステリー短編集ですね!)、

事件概要をまとめた「事件編」と、

「解答編」に分かれていて、

子どもたちは自分の推理に基づいた答え合わせをすることができます。 

もちろん「事件編」にいろいろな犯罪の痕跡がちりばめられているわけですから、

「解答編」を読んだ後に、子どもたちは再度、事件概要の確認をするわけです。

我が家の息子たちは、この「ミルキー杉山のあなたも名探偵シリーズ」以降、すっかりミステリーにはまり、

いまや私が読んでいる大人のイヤミス本の概要まで、話し聞かせるよう求めてきます。

ミステリー小説って、本当にやめられないですよね!

カナダ発!野菜嫌いでも思わず食べちゃう、野菜のつぶつぶスープ

豪雪のカナダです。

昨日、何かあったのか?!的なアクセス数で、驚いています。

ブログ初心者に加え、デジタル音痴(なんて言葉あるのかな?)なので、何をどう使えばいいのか試行錯誤の日々。

加えて、新しいことを学ぼうという気持ちと時間の余裕もなく、センスもなし...

もし何か失礼があったら、スミマセン!!!

皆さんのブログを拝見して、「すごいなぁ」、「素敵だなぁ」とひたすら感心している毎日です。

 

さて、カナダです!

寒いし、雪も多いし、昨日、息子たちの学校は休校になりました。

今日も吹雪いてます。ちょっと外に出ただけで、人間雪だるま状態。

さて、我が家の息子たち、風邪でお休み中。いっそ「今日も休校」って言われた方が気楽だった...

次男においては、先週の風邪が、今週またぶり返し。

とにかく食欲がない。

ちょっと心配になってきました。

こんな時はカナダ式に「風邪ひかないようにスープ」、「風邪ひいたらスープ」ですよね。

そんな話を書いた過去の記事は、こちら 

yotoro.hatenablog.com

うーん、今日は、野菜をいっぱい食べてくれる(せめてそのエキスだけでも!)やつがいいな。

ということで、

野菜嫌いでも思わず食べちゃう、野菜のつぶつぶスープをご紹介します。

味つけも材料もお好みでOK。コツは、材料を細かく刻んで、つぶつぶに!

それだけです。

食欲がない時でも、野菜が嫌いな子(←カナダ、ほんとに多いです!)でも、

つぶつぶ・もちもち・ぷちぷち食感に騙されて、何だかよく分からないうちに完食してくれます。

 

野菜嫌いでも思わず食べちゃう、野菜のつぶつぶスープ 

ーー材料ーー

・野菜:甘みとコクのために、タマネギは必ず!その他、野菜は何を入れてもOK。

    パセリ、セロリがあればベスト(うちは今日はなかったので、入れていません)。

※ちなみに、今日私が入れた野菜(というかたまたま冷蔵庫にあっただけの野菜たち…)は、

 タマネギ、人参、ブロッコリー、コーンです。

 その他、例えば、ズッキーニ、じゃがいも、キャベツ、グリーンピース等、皆さんのお好みで!

 

・マッシュルーム:刻んだマッシュルームのもちもち感が、子どもにうけます!

 

もち麦/大麦:カナダの子どもも大好き。ぷちぷち・もちもち食感とスープに出るとろみが人気の秘密!

 ※今日、私が使ったのはPot barlyというものです。

   f:id:Yotoro:20190214040253j:plain  f:id:Yotoro:20190214040258j:plain

 

・豆:黒いんげん豆、ひよこ豆など、お好きなものを。

   入れなくてもOKですが、カナダでは、豆は貴重なたんぱく源として積極的に食べられている傾向有。 

  ※今日、私が使ったのは、Black beans(黒インゲン豆)です。

    f:id:Yotoro:20190214040116j:plain  f:id:Yotoro:20190214040137j:plain

 

・油:少々

 

・塩、各種スパイスなど:スープの味付け用です。何でもOK。

例)チキンストック、ビーフストック、ブイヨン、コンソメ、鶏ガラスープの素、ローリエオレガノ、タイム、塩、こしょう、生姜など。トマト缶を入れて、ミネストローネ風の味付けを目指しても。

※今日の我が家は、茅乃舎の野菜だしの素、塩、乾燥パセリで味付けしました。  f:id:Yotoro:20190131014048j:plain


・その他ベジタリアンにこだわらなければ、鶏肉やソーセージ、ベーコンなどを刻んで入れても。

 

① 材料を刻みます。

食欲がない、野菜が嫌い等という子どもでも食べやすいように、材料は頑張って刻みましょう!

   f:id:Yotoro:20190214035109j:plain

…と言う割には、そこまで細かく刻んでいませんね…🙄

 

② 油をひいて、材料を炒めます。

まずはタマネギから。セロリとパセリがある場合は、一緒に炒めます。

あとは適当に野菜を炒めます!

※食感を大切にしたい野菜は、ココでは炒めません(我が家の場合ブロッコリー)。

f:id:Yotoro:20190214035155j:plain → f:id:Yotoro:20190214035320j:plain

 

③ スープの素、スパイス類、水、大麦、豆を入れて煮込みます。

f:id:Yotoro:20190214035439j:plain スパイス類投入。

f:id:Yotoro:20190214035452j:plain 大麦投入。

f:id:Yotoro:20190214035509j:plain 豆投入。

・大麦がよく水を吸うので、その都度水を足していってください。

・ある程度の食感を残したい野菜(我が家の場合、ブロッコリー)は、炒めず、煮すぎず、最後に投入します。

 

塩などで、味をととのえて、できあがり!

     f:id:Yotoro:20190214042105j:plain

......あ、あら?野菜がゴロゴロ見えてますね…やっぱり刻み切れていなかった😅!!

野菜がすごく苦手な子がいる場合は、もっと刻んでくださーーい!

何度も言いますが、味付けは、お好みでいろいろ試してみてください。ちなみに、今日の我が家の

味付けを参考にされた場合、大人の皆さんは、食べる時にタバスコをふっても、美味しいですよ。   

   f:id:Yotoro:20190214035829j:plain

うちの長男はブロッコリーが、次男はたまねぎとマッシュルームが苦手なのですが、

このスープにすると、なんだかよく分からないうちに完食しています!

家飲みコーヒー③ フレンチバニラコーヒー ~この時期だけ、つい行ってしまう場所~

カナダ発祥の最大規模ファストフードチェーン、Tim Hortons。

コーヒー&ドーナツのお店。

豊富なコーヒーとドーナツの品揃えに加え、ベーグルやクロワッサン、マフィン、クッキー、サンドイッチ、スープ等も。

日本で言うなれば、ミスタードーナツのような感じでしょうか。

気軽にコーヒーを飲むならココ、カナダのいたるところにある庶民的な店ですが、肝心のコーヒーがどうも...

コーヒーはブラック派なのですが、どうも飲めません。

よって、あまり立ち寄る機会はないのですが、絶対に行ってしまう時期があります。

それは、“RRRoll Up the Rim to Win”のキャンペーン期間中(今年は2月6日から4月17日まで)。

コーヒーカップの飲み口部分にクジが付いていて、車やギフトカードなどが当たるのです。

1/6の確率で何かが当たる、というのですから、結構な確率です。

実は、カナダに来て初めての春、何気なしに買ったコーヒーで、コーヒー無料券を当ててしまい、

以来、この時期には足を運ぶようになってしまったというわけです。

前述のように、ここではブラックは飲まないので、私がいつも飲むのはフレンチバニラというコーヒーです。

ミルクとバニラの味と香り濃厚な、激甘のコーヒーです。(おいしいです!)

f:id:Yotoro:20190212123004j:plain

さて、この人気のフレンチバニラコーヒー、自宅で作れないものかとレシピをググってみました。

「コーヒー+生クリーム+牛乳+練乳+バニラ」

「コーヒー+アーモンドミルク+砂糖+バニラ」

「コーヒー+牛乳+砂糖+バニラ」…

と色々出てきますが、Tim Hortonsで出しているミックスを使うのが一番という意見が大半。     f:id:Yotoro:20190213044313j:plain

とは言うものの、ここは試しに、今、家にある材料で出来そうなレシピに挑戦してみました!

私が挑戦したレシピは、

① コーヒー+コーヒークリーム+牛乳+メープルシロップ+バニラ

う~ん、近い!これはイケます!!

各々の分量は適当ですが、コーヒークリーム>牛乳で、よりクリーミーに。

f:id:Yotoro:20190213072931j:plain

 

② コーヒー+アーモンドミルク+メープルシロップ+バニラ

うーん、ちょっと違うかな… 

アーモンドミルクが、あの濃厚なクリーミーさ加減を再現できていないと思われます。

f:id:Yotoro:20190213073030j:plain

 

さて、話は戻って、今回はドーナツか、マフィンか...

f:id:Yotoro:20190213040928j:plain f:id:Yotoro:20190213040942j:plain

ダイエット中につき、我慢しました... 

でもせっかくですから、私のオススメドーナツをご紹介しておきます。

 

第1位 Canadian Maple 中心部に、メープルシロップ味の濃厚なカスタードクリーム入り。f:id:Yotoro:20190213041757j:plain

 

第2位 Sour Cream Glazed サワークリーム入りのオールドファッションに砂糖をかけたもの。f:id:Yotoro:20190213041901j:plain

 

第3位 Timbits ボール状、一口サイズの小型ドーナツ。いろいろな味が楽しめるので人気。ドーナツを作る時に余る中心部を丸めて売り物にしようという発想から生まれたという噂も。   

f:id:Yotoro:20190213042152j:plain

 

さて、本題のクジですが、ココ↓についています。

         f:id:Yotoro:20190212123223j:plain

“PLEASE PLAY AGAIN”と書いてありますね…ハズレです。

キャンペーンが終わるまでに、あと2回くらいは行ってみたいと思います!

 

カナダの住人なら誰でも知っているTim Hortonsおなじみのキャンペーン、私のような“季節利用者”も意外と多いようです。

この時期、こんな風にTimのカップが街中に...ゴミはゴミ箱に!!!!!  

    f:id:Yotoro:20190213042628j:plain

 

コーヒーについて書いた過去記事はこちら 

yotoro.hatenablog.com

yotoro.hatenablog.com

どう読む?『よわむしカエル』

親の教え方も問われるけれど、子どもの感性の違いも分かる、本。

私の子ども向けイチオシ本です!     

f:id:Yotoro:20190117011302j:plain

『よわむしカエル』花冬けい子作

2013年文芸社出版文化振興基金事務局主催「第4回えほん大賞」大賞受賞作品

 

カナダの図書館にあって、読んであげたのが2年前。

 

餌(生き物)が捕れず、泳ぎも下手なやせっぽっちの一匹のカエル。

皆からは、「よわむしカエル」とバカにされています。

冬眠の時期をひかえ、カエルは食べ物を探しにいきますが、やはり生き物を捕ることができません。

そんな折、出会った一匹のヘビ。

カエルの「自分が生きるために生き物を捕る=誰かのの命を奪うこと」ができないという話を聞き、

これまで容赦なく生き物をとってきた自らの生き方を反省します。

二匹は殺生せずに命をつなごうとしますが、うまくいきません。

ヘビとの対話の中で、カエルは季節がめぐり、やがて命がつながれていくことを知ります。

そしてカエルはヘビに、「自分を食べて、ヘビの命をつないでいってほしい」と懇願します。

ヘビは「命の大切さを教えてくれたカエルを食べるなんてできない」と固辞しますが、

カエルは、「ここで二匹とも死ぬより、ヘビが命をつないでいくことに意味があること」、

「自らがその糧となり、ヘビの中で生き続けていくこと」を提案します。

カエルはヘビの口の中に入り、ヘビはそれを飲み込みます。

ヘビは自らの中にカエルの命を感じ、冬眠に入ります。

 

2年前、これを読んだとき、次男(当時5歳)、号泣。

「カエルもヘビもかわいそう...」と。

つられて私もウルウルしていましたが、そこに長男(当時7歳)の一言。

「え?なんで泣いてるの?すっごいいい本!!

 ヘビがカエルの分まで生きられて、よかったぁ!」

 

… なるほど。

顔は似てるが、しっかり違った感性に育っていたらしい。

何が正解、不正解ではなく、いろんな読み方、感じ方ができる本です。

それぞれの命が平等に尊いものであること。

命をつないでいくことの意義。

命をつないでいくことが、時に他の命の搾取とならざるを得ないこと。

自分を取りまく仲間や環境への思いやり…...

この1冊から、いろいろなメッセージを受け取り、いろいろなことを考えさせられると思います。

「カエルくんはよわむしじゃない。だれよりも......」---p.22

これは、冬眠前のヘビの一言です。

このヘビの言葉、最後の「......」部分、ヘビは、何と言いたかったのか、

この本を読んだ子ども、そして親として、ヘビとカエルの生き方をどうとらえるか、

とてもよい話し合いの機会が得られます。

 

↓ 親子で考えたい本として、今まで紹介したブログ記事から... 

yotoro.hatenablog.com